WORKS

これまでの数々の実績をご紹介します。
HOME Works うんこおでかけドリル ~なつやすみ編~
地域ブランディング集客販促ブランディング

うんこおでかけドリル ~なつやすみ編~

あの子どもに大人気の『うんこドリル』とうんコラボ!
ファミリー層をターゲットとした夏休みの集客対策として、
大人気コンテンツのスタンプラリーイベントを実施しました!
協力会社:株式会社 文響社様
クライアント:大阪・兵庫・京都・和歌山・奈良・高知・香川・徳島・岡山・鳥取の施設様
担当:国内観光事業部
実施期間:2019年8月1日~2019年9月16日
うんこおでかけドリル ~なつやすみ編~ とは?

「うんこ×おでかけ情報誌」
おでかけおすすめスポットの情報を、”うんこ漢字ドリル風”におもしろおかしくまとめたおでかけ情報誌!
各おでかけ施設で決められた条件を満たした方に配布。流通部数は約80,000部!

『うんこドリル』の世界観を生かした各スポットにまつわる
「オリジナルうんこ問題」で、施設のことを楽しく学べるように作成!

『うんこドリル』だからこそできる方法で、印象に残る打ち出しに!

▽特設サイトはこちら!▽
https://dac-kansai.co.jp/unko-odekake/

うんこ先生スタンプラリーで周遊を促進!

裏表紙はスタンプラリー台紙になっており、施設に置いてある「うんこ先生スタンプ」をあつめるとイベント限定のノベルティや抽選で旅行券や「うんこ先生3Dフィギュア」が当たるスタンプラリーキャンペーンを用意!

ドリルを受け取った人が他の施設にもまわってもらえるように促進!

保存性も高く、イベントが終わった後も「おでかけ情報誌」として活用していただけます!

「まなび」と「あそび」の境界線を溶かす

”遊んでいるのに気がついたら学んでいた”
”勉強していたのに、気がついたら楽しんでいた”

勉強の楽しさや学ぶことの喜びを伝えたいという思いから生まれた『うんこドリル』はドリルの枠を飛び出し、
「うんこ学園」という新たな教育プラットフォームから子供たちに学ぶ楽しさを伝えています。

そんな文響社様の思い・考えに賛同し、学力低下が社会問題として取り上げられている中、
今回のイベントが問題解決への良いきっかけになれればと考え、夏休みのおでかけを通して

”学校の勉強以外のいろんなことを楽しく知ってほしい”

というコンセプトの下、「うんこおでかけドリル」を作成いたしました。

今回のおでかけで興味を持ったことがいつしか夢になって、
子ども達のこれからの人生が豊かなものになれば本望です。

クライアント様のPRのお手伝いはもちろんのこと、社会貢献としての思いも込めた企画です。


▽文響社 HP▽
https://bunkyosha.com/

▽うんこ学園▽
https://unkogakuen.com/

©Y.F/BKS

この事例に関連する企業
株式会社デイリー・インフォメーション関西
  • パートナー募集
  • お問い合わせ
  • DACホールディング公式サイト