千光寺、猫の細道

屋号背景黒 カフェアンドダイニング ニコ Cafe&Dining nico

猫吹き出し 仕上げはレモンで爽やかに!
新名物の「
尾道とんてき
新尾道駅から徒歩すぐ、男女問わず人気のカフェ。広島県産ブランド豚の「瀬戸内六穀豚」を使用した、肉厚で柔らかくジューシーな「尾道とんてき」は次世代の尾道名物を担う自慢の逸品!尾道産レモンをたっぷり使った自家製のレモンだれの爽やかな香りと酸味が豚の旨味をさらに引き立てる。オープン当初から好評のパンケーキもおすすめ。

尾道新名物の「尾道とんてき」は食べて帰らないと損!
TEL / 0848-22-4570
住所 / 尾道市栗原町9414-3-1F
交通 / JR「新尾道駅」から徒歩すぐ
営業時間 / 月〜金1100~1530、1730~2130、日・祝日1100~2030
定休日 / 土曜 詳しく見るニャ!

TOPへ


おのみち歴史博物館

屋号背景黄 かいがんいざかやじわっと海岸居酒屋じわっと

猫吹き出し 地域密着型の居酒屋で、尾道
の夜をゆっくり楽しもう!

尾道の方言で「ゆっくり」を意味する「じわっと」の名の通り、ゆっくりマイペースに楽しめる居酒屋。尾道を堪能できるメニューが豊富だが、まずは尾道名物でべらをはじめ珍味、おつまみをセットにした「尾道珍味の盛り合わせ」(800円)や、「じわっと」名物の「さきイカの天ぷら」(600円)で乾杯しよう。店内はレトロで優しい空気が流れる。

落ち着いた空間でじわっと時間を過ごせる!
TEL / 0848-22-8799
住所 / 尾道市土堂2-9-2 トヨタビル2F 
アクセス / JR「尾道駅」から徒歩15分
営業時間 / 1700~2400、日1700~2300

定休日 / 水曜(月1回)
  詳しく見るニャ!

TOPへ


尾道商店街

屋号背景黒 まるきゅうどう丸久堂

猫吹き出し レトロな街「尾道」でのお土産
ショッピングにおすすめ

尾道のお土産をメインに、猫に関するものや広島産レモン、瀬戸内の素敵な商品が豊富にラインナップ。休憩スペースもあるので、ソフトクリームやコーヒーを片手に、お土産ショッピングをゆったり楽しめる。瀬戸内レモンを使ったレモネードや、ひろしまのみかんジュース、尾道パパイヤとせとうちレモンの飲む酢等、多彩なドリンクも提供している。

にゃんこのお土産がいっぱいだ〜!
TEL / 0848-22-4564
住所 / 尾道市土堂1-12-8
交通 / JR「尾道駅」から徒歩3分
営業時間/ 900~1800
定休日 / 月曜
  詳しく見るニャ!

TOPへ


浄土寺

屋号背景黄 きくじゅどう菊寿堂

猫吹き出し 創業明治18年!裏通りに
ひっそり佇む
実力派和菓子店
茶の湯の文化と共に発展してきた和菓子。当然ながら、日本を代表する歴史都市・尾道にも和菓子店は数多く存在する。その中でも、あんこから全て手作りの和菓子一筋130年という菊寿堂は、味に厳しい尾道の人々に愛され続ける老舗。季節の和菓子、長崎カステラ、羊羹など、伝統的な和菓子を一つひとつ丁寧に手作り。ぜひ足を運びたい名店。

どれを食べるか迷っちゃう!すべて手作りとは驚き!
TEL / 0848‐37‐4250
住所 / 尾道市久保3‐14‐11
交通 / 市バス「浄土寺下」下車徒歩5分
営業時間 / 9:30~18:00、水~15:00
定休日 / 日曜

  詳しく見るニャ!

TOPへ


平山郁夫美術館

屋号背景黒 こうさんじはくぶつかん耕三寺博物館(耕三寺)

猫吹き出し しまなみ海道・瀬戸田の
必見スポット「
母の寺
尾道からしまなみ海道で3つ目の生口島。地元では瀬戸田と呼ばれるこの島に、元実業家の耕三寺耕三氏が母の菩提寺として建てた寺院。耕三寺家の美術コレクションの展示館や、境内一帯を博物館として公開。堂塔は、国宝や日本でも有数の寺院を手本として復元建立されており、内15棟は国登録有形文化財に指定されている。また、白大理石で造られた未来心の丘も必見!

極彩色が目を引く孝養門
TEL / 0845‐27‐0800
住所 / 尾道市瀬戸田町瀬戸田553‐2
交通 / しまなみ海道「生口島北IC」、「生口島南IC」から車で10分
営業時間/ 9:00~17:00
定休日 / 無休 詳しく見るニャ!

TOPへ


※2017年9月現在の情報です。特記のない限り、料金は税込み価格です。