MEMBERS

当社で活躍するメンバーを紹介します。
HOME Members 山本 一輝
女子会対応型
YAMAMOTO KAZUKI
ピーアール・デイリー 関西支社
ヒューマンリソース事業部
山本 一輝
My Policy

プロ意識 営業担当のその日の“気分・モチベーション”なんて、クライアント様には関係ない。
いつでもフラットな状態でベストを尽くします。

――DACに入社を決めた理由を教えてください

正直なことをいうと、私は広告や雑誌を作りたくてこの業界を志しました。編集も広告もよくわからなかったから、出版社も含め就職活動を行いました。その中から候補でもあり内定をもらった数社で最終的に考慮したときに、最終的にDACに決めたのは“人”でした。
面接官であった当時の部長の言葉や対応の節々から、私の力強い味方になってくれているのが伝わってきたのが大きかったです。

――仕事のやりがいを教えてください

まず求人部の営業ということで、あらゆる業界にチャレンジできること。今まで知らなかった世界の話も聞けるし、発見や学びは多いと感じています。
さらに採用に携わるということは、その会社の転機や変化の時期に関わるということ。その時採用に至った経緯や背景、それによって目指す方向性などを聞き出すうちクライアント様からも信頼され、それぞれの企業の重要なターニングポイントに関われていることで充足感を感じます。しかも元々制作側に興味があったのですが、編集要素を兼ねた制作にも携われているので、それもやりがいに繋がっています。

――クライアント様とのエピソードはありますか

某クライアント様とのやり取りでこちらの説明不足で誤解を生み、大きなクレームになったことがあります。どれほど謝罪しても先方の怒りは収まらず、当時新人だった私は頼りにしていた部長に電話を代わりフォローもらいました。ですが、担当を外せとまで言われる始末。
結局私の希望でクライアント様に直接会いお詫びをしに行ったのですが、先方は先ほどの態度とは変わって落ち着いた対応をしてくださいました。実は先方は私のことを試していたのです。私が担当なのに電話を変わられた時点でガッカリさせてしまったそうですが、結局こうして私自身が足を運んだことを喜んでいただき「信じていて良かった」と言われました。社長はまだまだ新米の私のために時間を割き、「営業が持つべき誠実さ」について腹を割って話してくれました。
あの日から私の中で、営業という仕事に対するスタンスがガラリと変わり、仕事が楽しいと感じるようになりました。私の今の「誠実かつ率直」な営業スタイルはこの時に社長が見せてくれた率直さと私への信頼のおかげだと今でも感謝しています。

――これからDACを通してやりたいことはありますか

現在は今ある媒体の中から、クライアント様の課題を解決するのに最適な媒体をマッチングするのが主な仕事ですが、いずれは媒体を立ち上げゼロからカタチにし、制作まで全て関わってみたいですね!

私の Do different POINT は

まるでカメレオンや迷彩服のように、何の違和感もなく“周りに同化し馴染むこと”です。さらに趣味や話題を含め中性的と言われ、女子会に呼ばれることも…(笑)

―― 休日はどう過ごしていますか

寝ている時間が多いです。時間があれば寝ているかもしれません。

―― 特技について教えてください

料理でしょうか。だいたいのレパートリーはこなせる自信はあります。

私の Do different POINT は

まるでカメレオンや迷彩服のように、何の違和感もなく“周りに同化し馴染むこと”です。さらに趣味や話題を含め中性的と言われ、女子会に呼ばれることも…(笑)

―― 休日はどう過ごしていますか

寝ている時間が多いです。時間があれば寝ているかもしれません。

―― 特技について教えてください

料理でしょうか。だいたいのレパートリーはこなせる自信はあります。

  • パートナー募集
  • お問い合わせ
  • DACホールディング公式サイト