MEMBERS

当社で活躍するメンバーを紹介します。
HOME Members 小寺 椋也
2番、遊撃手。
KOTERA RYOUYA
デイリースポーツ案内広告社 関西支社
総合広告事業部
小寺 椋也
My Policy

仕事はいつも楽しそうに! どんなトラブルを抱えていても楽しそうに振る舞う。
辛そうに仕事する人と、クライアント様も一緒に仕事をしたいとは思わないだろうから。

――DACに入社を決めたのはなぜですか

大学生のときは自分が何をしたいのか、よくわかりませんでした。ただ自分の関わった仕事がカタチになるような仕事がしたいと漠然と思っていたので、広告代理店を視野に入れて就職活動をはじめました。代理店ならあらゆるジャンルの業態に関わるので、本当にやりたいことも見つかるかもしれないとも考えていました。
広告代理店に絞って精力的に応募し、同じく内定をもらっていた別の代理店との間で最後まで迷いました。最終的にDACに決めたのは、扱っている商材と仕事の可能性が圧倒的に多かったからです。

――仕事のやりがいについて教えてください

ずっと野球をしていた影響か、自分のためより人のために何かをする方が、よりモチベーションに繋がるタイプです。例えば今のチームでもそうですが、私が契約をいただいたとき私以上に喜んでくれるチーム長や仲間がいます。彼らのためにもっと頑張らないと!と励みになっています。
同様にクライアント様に対しても、私が提案した仕事が結果に繋がり喜んでもらえたとき、やりがいを感じています。

――クライアント様とのエピソードは何かありますか

一番印象に残っているのは、やはり初めての契約ですね。実は私、新卒で入社してから5月の終わりまで全く契約がいただけなくて…。なんとか5月末に初めて契約に漕ぎ着けたときは本当に嬉しくて、その週末にプライベートでクライアント様にお礼を言いに行きましたね。
そこからずっと仲良くさせていただいていますね。あまり広告を出すクライアント様ではないのですが、「他社からの提案は聞かないけれど、小寺君の話は聞いておこうか」と言ってくださり、その通りいつも聞いてくださいます。嬉しいですよ、やっぱり。

――これからDACを通してやりたいことを教えてください

今は基本ひとり単位の仕事ですが、いつかはチームで大きな仕事をしたいです。テレビのCMや大好きな野球関係の仕事ができたらいいな、と内心野望を抱えています。

私の Do different POINT は

温厚さでは、社で一番かもしれません。何しろ、怒りを表面に出す方法すらわからないので。プライベートも含めて、人生で誰かに怒ったことは記憶に…ないですね(笑)。

―― 休日はどう過ごしていますか

高校からの仲間と、草野球ですね。DACの人ともよく飲みや遊びに出かけますよ。

―― 特技について教えてください

送りバントですかね…(笑)。自己犠牲をしても、チーム勝利に貢献できると素直に嬉しいので。仕事も野球も、基本的に根底の想いは同じです。

私の Do different POINT は

温厚さでは、社で一番かもしれません。何しろ、怒りを表面に出す方法すらわからないので。プライベートも含めて、人生で誰かに怒ったことは記憶に…ないですね(笑)。

―― 休日はどう過ごしていますか

高校からの仲間と、草野球ですね。DACの人ともよく飲みや遊びに出かけますよ。

―― 特技について教えてください

送りバントですかね…(笑)。自己犠牲をしても、チーム勝利に貢献できると素直に嬉しいので。仕事も野球も、基本的に根底の想いは同じです。

  • パートナー募集
  • お問い合わせ
  • DACホールディング公式サイト